外為ジャパンを紹介

モーブッサンの歴史をひも解く

マリッジリング、さらにはラグジュアリーなカジュアルリング、そして時計。
数々の宝飾品を扱っており、さらには伝統的な製法で未だアイテムを生み出し続けているのが、モーブッサンです。

数々の伝統的なメゾンが軒を重ねているフランスの中でも、大成功を収め、現在もその人気を維持し続けているビッグブランドと言って良いでしょう。

さて、このモーブッサンなのですが、あまり聞き慣れない言葉だと思っている方も案外多いようです。
確かに、かなりのラグジュアリーブランドであり、マリッジリングなどのことを考えていた方でない限り、そこまでなじみがないかもしれませんね。

さて、そういったことでここでは、モーブッサンの魅力と歴史。
こちらをご紹介していこうと思っています。ぜひ、参考にしてみてください。

パリでスタートしたモーブッサン

モーブッサンの歴史をさかのぼっていきますと、なんと200年近くの歴史があることが分かります。

1827年にフランスで生まれたモーブッサンの創業者は、ジャン・パティスト・ヌリの協力を得たロシェという人物でした。
ジュエリーブランドとして誕生したモーブッサンなのですが、始めは苦難の連続でもありました。

しかし、高い技術力と上質な素材を追い求め、一切の妥協を許さない姿勢で徐々に周囲からの評価も高くなっていきました。

結果、1878年のパリ万国博覧会では、なんとメダルを獲得することとなります。
このメダル獲得が、モーブッサンの歴史を大きく動かすこととなるイベントとなり、世に認められ始めることとなるのです。

世界で高い名声を獲得したモーブッサン

パリの万国博覧会でメダルを受賞したモーブッサン。
その古代は、パリだけでなくウィーンでも万国博覧会が開催されており、フランスのジュエリー業界の産業は大きく変化、成長を遂げることとなります。

1925年にはパリ万国装飾美術博覧会に出品を果たし、より名声を上げ、1928年から1931年にはエメラルド、ルビー、ダイヤモンドなどをテーマにした展示会を開催しては喝采を浴びます。

妥協のない作品づくりを心掛け続けたことで、結果的に世界的にも名を広げることとなり、世界でも格式の高いジュエラーとしての地位を確率することとなったのです。
この努力があったからこそ、今のモーブッサンがあるのですね。

世界中に店舗を展開してくモーブッサン

世界的に名声を上げていくことで、当然のことながらモーブッサンの需要が一気に高まります。
結果的に、モーブッサンは多く店舗を世界中に展開することとなっていきます。

1955年には一流メゾンのあかしでもあるパリ・ヴァンドーム広場に店舗を開拓、さらに2005年には東京の銀座に直営店をオープンさせています。
さらに、2007年にはシャンゼリゼ通りにプランタンという超有名百貨店に進出。
また、2008年には世界で一番流れが激しいと言われている、あのニューヨークのマディソンアヴェニューへも進出。
2009年にはシンガポールのオーチャード・ロードと、世界でも有数の地域に出店を重ね続けているのです。

ジュエリーだけでなく、多くの分野で有名に

モーブッサンが大きな名声を上げた理由のひとつには、ジュエリーだけでなく時計も手掛けていることが挙げられます。

実は、モーブッサンには時計ファンがかなり多く、ラグジュアリーでありながらもイヤみの一切ないスタイリッシュなデザインがとても人気となっているのです。
こういった、ジュエリーだけでなく、数多くの分野で成功を収めているのがモーブッサンなのです。

もちろん、その地位としては現在、ショーメ、メレリオ・ディ・メレー、ヴァン クリーフ&アーペル、ブシュロンという、世界的に有名な大宝飾店の仲間と言われています。

パリのグランサンク。こういった、名誉ある存在となっているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ